連帯保証人

賃貸連帯保証人とは?

連帯保証人とは、部屋の借主と同じ義務を負う人のことをいいます。
つまり、連帯保証人は、借りた人と同じ立場となる為、借りた人が何らかの理由で家賃の支払いが出来ない場合、または拒否した場合、連帯保証人が支払を求められることになります。
 その他入居者が退室されるまで、すべての責任を負います。

 


アパート借りる際には連帯保証人を立てます。契約者と同等かそれ以上の収入(家賃の支払い能力)がある、

親、兄弟、祖父祖母が基本です。
アパートに同居される方はなれません。
知人・友人に依頼する事は無理だと考えてください。

 

学生さんの場合は原則保護者の方になって頂きます。

連帯保証人になる方が、定年退職をされて年金生活の場合は、通常支払い能力があるとは判断されません

連帯保証人になる方の住所が、引越しする物件の市区町村または県にある事が条件になっている場合もあります。遠方へ引越しをする場合は注意しましょう。

大家さんが入居審査をするので、認められるかどうかは全て大家さんの判断によります。この為、認められる条件は大家さんにより、それぞれ変わってきます。

 

入居審査で一番重要視されるのが、連帯保証人なので慎重に選びましょう。


保証会社のご利用もできます。(費用がかかりますが、保証人にお礼や気を使わなくて済みます。)