入居審査

〇入居審査とは?

 

賃貸契約を結ぶ前に入居審査が必ずあります。気に入った物件で申込をする際に、申込書(名前は色々です)に氏名や現住所、所得や、連帯保証人等を記入します。
これを大家さんが確認し、入居審査をする事になります。

 

入居審査は厳しい?、
本人の所得証明書・保証人の所得証明書等の提出を求められる事もあります。

 

賃貸においてやはり不利なのは安定した収入が得られない(という見込みの)フリーターや派遣社員、フリーで仕事をしている人など。また、ちょっといかがわしい職業は敬遠されます。

年収は高いに越したことはありませんが、継続的にその収入があるかどうかを、大家さんは気にします。

また、申し込み書類に記入した勤務先や自宅の電話番号に間違いがないかどうか、実際に不動産会社が電話して確認することはよくあります。もし、ここで記入内容に「ウソ」があれば、まず間違いなく入居審査で落とされますので要注意を。

収入が低かったり、フリーターなど堅い職業に就いていない人は、自分がきちんと家賃を滞りなく支払っていけることをしっかりアピールする必要があるでしょう。
しっかりとした連帯保証人を立てることも、入居審査を通りやすくする方法です。


 

保証人に制限がある場合もありますので注意が必要です。

●大家さんが入居審査をしますので、認められるかどうかは全て大家さんの判断によります。この為、認められる条件はそれぞれ変わってきます。大家さんがOKであれば何も問題はありません

 


保証人になる方については、細かく聞かれると思いますので、入居審査を突破するためにも信頼出来る保証人を探しておきましょう。
 

保証会社をご利用頂く場合はほとんど問題ありません。